THE Sign ~フォーゼルの章~

広い広いミッドガルド
その中の小さな赤い影が一軒の家に向かっていた
a0064920_13372032.jpg

彼の目的はローグギルドで流れている噂、この世の何よりも美しいというスタージュエルの宝石を手中に収め、闇市場で高値で売りさばく事であった。

スタージュエルの秘密を握るメッツに接触し、かけらを持つ6人に人間に己が力を持って奪うつもりでいたが、気が合ってしまったり挑発をうけて知識勝負をしたりと盗賊としてより人間としてかけらを回収していった。
a0064920_13512414.jpg

伝説の鍛冶屋エンゲル・ハワードの力を借りスタージュエルの復元に成功したフォーゼル。闇市に持っていこうとしたが、スタージュエルに刻まれている謎の紋章に興味を持ちもうしばらくメッツに協力する事にした。

世界の各地をまわり紋章が古代文であること、そしてスタージュエルがただの宝石ではないことを知る。
今は世界で1人となった古代文の研究者フランクは文に興味を持ち無償での翻訳を開始してくれた、その文には死者の集う場所に行けと書いてあった。
・・・ニブルヘイムである・・・

a0064920_144363.jpg

ニブルヘイムの散策を開始したフォーゼルの目に1人の少女が映った。
他の住人とは何か違う雰囲気に惹かれるもの感じ彼女の声に耳を傾けた
彼女の依頼はニブルヘイムの住人の願いを聞いて苦痛を取り除いてほしいというものだった、何か情報が手に入るかもしれないと思ったフォーゼルは疑問も持たずに依頼を受けた。

最初に会ったのは幼い少女アラキナ。少女はなぜ自分がここにいるのかわかっていなかった。自分は既に死んでいて、母親にはもう会えないということをわかっていないのだ。魔女の道具を借りてみたが少女は自分の家に帰れなかった、既に死んでいるものを生の世界に戻すという事は魔女にもできないようだ、少女はただ泣き続けるだけであった。

次に会ったのは呪いを唱え続ける人魂アッシュブルースであった。彼は自分も他人も呪い続け誰も近づけないようにしていた、少女アラキナから聞き出した呪いを解く呪文を唱えると彼は苦しみだし逃げていった。彼自身が呪いそのものであったのだ。

結局誰も救うことはできなかったが、セリンはフォーゼルの行動を認めてくれた。
そしてセリンの本当の目的は魔女キルセラのダークロード召喚阻止だという。
魔女は生の世界に戻るためダークロードの力を使うという。フォーゼルは協力を承諾した。
そしてそのために死者の主であるロードオブデス、ヘルの力が必要だと知った

a0064920_1429747.jpg

ニブルヘイムの片隅、ここが心地よいという謎の剣士レイキンを見つけた。彼が言うにはヘルは自分の母親の魂が封じられている宝石を捜しているという、それを譲渡すれば彼女はきっと手を貸してくれるというのだ。その宝石はミッドガルドで一番深いところに封印されているという。
最下層に・・・

a0064920_14314452.jpg

最下層にはおびただしいかずのミノタウロスがいた、そしてそれと対峙するPT。フォーゼルはモンスターに見つからないように慎重に封印を探し始めた。
a0064920_14343218.jpg

封印を解くことに成功したフォーゼルの頭に直接声が響いてきた。魂が封印されているというのは本当だったのだ
a0064920_14351665.jpg

ヘルに力とを交換条件にだしたがそれは彼女の力全てなのでそれはできないと断られてしまった、しかし必死なフォーゼルの姿をみて彼女は1回だけの使用を許可してくれた。そう、1回だけの使用だった
a0064920_14365392.jpg

セリンに渡すと彼女は非常に喜び、印の力を使用して魔女の作った召喚魔方陣を破壊するため、フォーゼルと一緒に魔方陣へと向かった

魔方陣についたフォーゼルはセリンに印を渡した。
そして彼女は呪文を唱え始めた。

a0064920_14385136.jpg

呪文によって起こった事は魔方陣の破壊でなく、ダークロードの召喚であった。
そう、魔女ではなく彼女こそがダークロードを使って生の世界に戻ろうとしていた張本人なのだ。
ダークロードを召喚してしまってはミッドガルドは滅びてしまう、もちろんセリンもそれは知っていた、しかしたとえ滅びた世界でも彼女は空気を吸い、水に触れ、食事をしたかったのだ。
かといって世界の滅びを許すわけにいかない、ダークロードが完全に具現化する前に倒す。それが今フォーゼルにできる唯一のことであった。

a0064920_14452260.jpg

まともに戦っては勝てない、フォーゼルは以前プリーストに教わった聖水を武器にかけダークロードに立ち向かった。
なんとかダークロードの影の攻撃を避けながら対応するが彼がもっているのは所詮短剣、小さなダメージを与え続けることしかできなかった。
フォーゼルは最後の手段にでた
a0064920_14513631.jpg

後ろに回りこんで、切る!!
どんな生き物でも背後には弱い、ならず者と呼ばれる彼らのみ使えるともいえる技である。

どのくらいの時がたったのであろう?
多くの斬撃を受けダークロードの影はたしかに横たえていた。

ダークロードが倒れ、セリンの夢は消えうせた。かといってこのままの彼女は非常に危険であるため記憶を抜きさることとなった。選択権など元々ないが彼女は承諾した。
a0064920_14595213.jpg

たった一つの願いを残して。


a0064920_1511159.jpg

フォーゼルは勇気をたたえられヴァルハラへの進入許可を得た、彼の原動力となっていた金銭欲は薄れていた。

今はただ・・・彼女が自分を思いだしてくれるのを待つだけあった。
a0064920_1545472.jpg






・・・
( ̄∀ ̄)=3
物語風にしてみたけど文章って難しいな~。
とりあえず2個目のSignGETぉぉぉぉぉっぉぉ!!!!
ε===\_○ノ ヒャッホウ
[PR]
by rbariosu1 | 2006-06-02 15:09 | クエストの記憶
<< 漢は負けを知るほど強くなる(?) THE・ホムン >>